トップページ > よくある質問

商品券の受け取りについて

1月中旬の新聞等に折込配布の専用往復はがきか、はがきに印字されている二次元バーコード(パソコン・スマートフォンの場合「ながの電子申請サービス」)よりお申込みください。申込みの締切は令和4年1月31日(当日消印有効、または電子申請申込みが完了したもの)までとします。応募者多数の場合は抽選となります。専用往復はがきは市役所、商工会窓口にも設置してあります。

令和4年2月18日(金)から令和4年3月18日(金)まで市内の14郵便局で、土日祝日を除き午前9時から午後5時まで販売します。日曜日の販売につきましては2月27日(日)に安曇野市役所本庁舎にて午前10時から午後3時まで販売を行います。

購入券はがきと、購入金額分の現金をお持ちください。クレジットカードや電子マネーでの購入はできません。希望セット数の商品券を複数回に分けて購入することもできませんので必ず1回でのご購入をお願いします。

再発行はできません。

代理の方でも結構です。

商品券について

1セット額面総額13,000円分を10,000円で販売します。専用往復はがき1枚(1家族1申込み)につき3セットまで購入可能です。
内訳は、全ての取扱店に使用できる共通券9枚8,000円分(1,000円券7枚と500円券2枚)、大型店以外でのみ使用できる普通券6枚5,000円分(1,000円券4枚と500円券2枚)の計15枚13,000円分です。
※大型店舗とは売場面積が1,000㎡以上の店舗及びそのテナントです。

取扱店に登録された安曇野市内の店舗で使えます。本ホームページにて公開しています。また、登録された店舗の一覧表チラシを商品券販売時にご用意しています。

使用可能期間は、令和4年2月18日(金)~令和4年4月30日(土)までとなります。使用可能期間を過ぎるとご使用出来なくなりますので、ご注意ください。

全ての商品並びにサービス等に使用できます。
ただし、有価証券、商品券、ビール券、図書券、切手、印紙、プリペイドカード、電子マネー等換金性の高い商品、たばこ事業法に規定する製造たばこ、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項第4号及び第5号に規定するもの並びに同条第5項に規定する性風俗関連特殊営業をおこなうもの、不動産や金融商品の購入、特定の宗教・政治団体と関わるものや公序良俗に反するもの、及び公共料金・税金、保険診療対象となる医療費の支払い、介護保険の対象となるサービス費用の支払い、その他安曇野市が商品券の使用について相応しくないと判断したものは対象外とします。又、各取扱店で取扱いできないものがある場合もございますので、各取扱店にお問い合わせください。

できません。

できません。

つり銭はでません。消費者が少額の商品を購入した場合、商品券購入額以上の現金が消費者につり銭として戻るため不当な利益を受けることなどを防ぐためです。

できます。

できません。

重複利用については、各取扱店での判断で条件を設定している場合があります。
詳細は各取扱店にお問い合わせください。

商品券を他へ売却すること、商品券を担保に供し、または質入れすること、商品券を偽造、複製すること、その他本商品券事業の目的に反することです。
商品券は換金できません。また使用期間を過ぎた券についても返金はできません。

PAGE TOP